FC2ブログ
プロフィール

bistrosango

Author:bistrosango
ビストロサンゴ
吹田市高浜町6-8
サンラウンド1F
TEL:06-6381-7777

ビストロサンゴHP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

吹田 創作イタリアン ビストロサンゴ
割烹料理 四季
秋もどんどん深まってきましたね。

何でもない平日なのに、本日も沢山のお客様にご来店いただきまして、
ありがとうございました。嬉しいです!

そうそう。最近のブログに、鹿児島・阿蘇旅行のことばかり書いているせいか、
お客様から旅行の話を振っていただくことが多いです。

鹿児島・阿蘇の旅行記はまだ続くんですが、既に「自分ばっかり
美味しいもん食べてズルい!」とか言われています。

もうしばらくうらやましがっていただこうと、ボクのとっておきのお店を
紹介させていただきます。


鹿児島県阿久根市の料理屋さん『四季』。
今度が二度目の訪問です。二度目だけど「ただいま」と言いながら
玄関をくぐる、懐かしい気持ちにさせてくれるお店です。

20141030068.jpg

入店早々話に花を咲かせながらパクっといただいた前菜が・・
めちゃくちゃ美味しかった!

豆腐にかかっているのはアワビの肝。

だまって味わいながら食べれば良かった、勿体ない・・。

次がお造りの盛り合わせ。

20141030070.jpg

阿久根市は大きな漁港のある町。魚は美味しいものしか出てきません。
美しい盛り付けと、ちゃんと味わいのある魚。

普段なら日本酒をいただくところですが、阿久根の料理と阿久根の焼酎は、
抜群の愛称なんです。

20141030073.jpg

上の写真は、イワシときびなご。花びらのように美しく、味わいの深いイワシと
酢味噌でいただくきびなご。

ガツガツ食べたら勿体ないとゆっくりゆっくり食べていたら、友人が
「箸が進まんのやったら食べたろか?」と真顔で聞いてきた。

「味わってんねん!おまえにあげる分は無い!」。

次もイワシです。

20141030075.jpg

ガーリックがきいたナスのソース。食欲を増進させるような風味と
優しく丁寧な味の加減。パンチをいただいたところで、炊き合わせ。

上品な味を楽しんでいると、鼻腔に抜ける柑橘の香り。これも一口ずつ
真剣にいただきました。

20141030076.jpg

そして・・・来た!これ!手前のアワビにかかっているのは肝のソースです。

20141030082.jpg

これ以上濃くても淡くてもいけない、どうやったらこんな調度良い加減に出来るん
だろう。客としての楽しみと、同じ料理人としての尊敬の念と、複雑な気持ちを
いだきながら、こちらもゆっくりいただきました。

次はかるかん蒸し。ボクらは『しぐれ蒸し』なんて言ってますが、さすが
鹿児島。表現も違うんですよね。もちろん、味も違います。

20141030088.jpg

大阪で薩摩風のお料理をいただくと、甘いとか濃いとか感じてしまうものですが、
地元でちゃんとした料理をいただけば、甘さも濃さも理由があって、
本当に美味しいんです。

お水と食材、お酒と料理、その相性があるんですね。ぜひ、現地で召し上がって
いただきたいです!

そして、おやっさんお手製の薩摩揚げ。去年もいただいて、とても美味しかったから
「今年も出たらいいな~」と思っていたら、出てきました。嬉しくて焼酎が
すすみました♪

20141030090.jpg

しめは伊勢エビの味噌汁。阿久根名産の麦みそで、海老の磯っぽい風味と
麦みそのハーモニーが抜群に合う。四季さんで使っているお味噌は
阿久根でも有名な味噌で、お土産に沢山買い求めたら、家族や友人に
大好評でした。

20141030092.jpg

もう何もはいらないと寝言を言うボクの前に出たのが栗のデザート。
食べるに決まってるやん!

20141030096.jpg

これだけいただいて、かな~りお手頃な価格。会計を間違えたかなと思ったくらい。

心もお腹も満たされて、店を後にしました。

ただの観光客だけど、何だか故郷が出来た気分。来年もまた「ただいま」と
言って帰りたい。

阿久根って、鹿児島の中では知名度の低い町。

でも、美しい海と美味しい料理と焼酎。人の温かさが自慢できる町なんです。

九州リピーターの方で、「何かいいとこないかな~」なんて方。
紹介しますので、仰ってくださいね♪

四季:鹿児島県阿久根市大丸町17
日曜定休です。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bistrosango.blog.fc2.com/tb.php/475-f03af539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)