吹田 創作イタリアン ビストロサンゴ
やっぱり、女子会は豪快!
今日のランチは貸切。

いつもビストロサンゴで集まってくださる、女性の方7名様の
ランチパーティーです。


※写真は、お客様からご提供いただきました。

CIMG2373.jpg

ビールで乾杯の前に、ウコンの力で乾杯されるパワフルな女子会です。
CIMG2348.jpg

「絶対にサーモンは入れて!」のご要望を受けて、前菜はサーモンを
含めた盛り合わせで。
CIMG2352.jpg

本日のスープはカリフラワーのポタージュです。
CIMG2359.jpg


「ワインの酸味に、まだ慣れない・・」と仰るお客様がいらっしゃったので、
口当たりの良いワインを用意してみました。
CIMG2357.jpg

「ジュース感覚で飲める!」と好評をいただけました。

CIMG2356.jpg

料理を一つ一つ写真に撮ってくださるお客様、そのままfacebookに
投稿されるお客様、「待ってました!」と召し上がるお客様。

自由に楽しんで頂いています。


コースは、魚→肉へと進みます。
CIMG2364.jpg

CIMG2365.jpg


この辺りで、お客様のテンションはマックスに。お話が激しく
盛り上がり、ボクは黒子と化していきます・・。

恋愛の話、お仕事の話。

最後の方では、音姫(お手洗いの音消し)について、真剣に語り合って
いて、めちゃくちゃ楽しそうでした。

ボクの出る幕は無いんですが、ここまで気取りなく過ごしていただけると、
「くつろいでもらえてるな~」と、嬉しくなります、ホントに。


いい感じのところで、ちりめん山椒のペペロンチーニへ。
CIMG2375.jpg

最後のシメは、オムライス。
CIMG2378.jpg

お食事も会話も、ノンストップの2時間。

豪快に食べて、豪快に盛り上がって、ボクまで元気になる
2時間でした。

いつもありがとうございます!
出会いの秋?こんにちは、赤ちゃん!
今日は、ラスティネイルの店長飯村さんが、奥様とお子様を
連れて来店されました。

生後1か月半、まだ首も座っていない赤ちゃんです。

baby_010.jpg

ラスティネイルは、JR吹田駅徒歩3分のおしゃれなダイニングバー。

飯村さんは、お店と同じように「粋なナイスガイ」のはずなんですが、
可愛いBABYの前では、粋もナイスも無いようで・・。

yopparai.jpg

去年の11月。

新婚ホヤホヤの時に、ビストロサンゴへ来てくださって、直後に行った
新婚旅行の話をしているんですが、この時点で、その話は4回目。

ナイスガイ飯村さんも、今夜はすっかり「メロメロのパパさん」。

ボクも赤ちゃんを抱っこさせてもらったんですよ!

baby_006.jpg

めちゃくちゃ可愛い!

飯村さんが「ビリケンさんに似てるやろ」と言うので、足をさすらせて
いただきながら祝杯。

baby_009.jpg

赤ちゃんを抱きながらビールを飲む飯村さん。

奥様の「ちょっと飲みすぎ違うの?」と言う視線には全く気付かず。

「去年の11月に~」のお話を、7回も聞かせていただけました!



いや~、今夜は幸せを分けていただいた気分で、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!






秋は別れの季節??
ビストロサンゴの常連さんが、転勤で東京へ転居されました。

常連さんを通り越し、友だちとしてお付き合いしていたので、
とても寂しいです。

同性・同世代、美味しいもの好きな独身貴族の友だちで、
一緒に旅行も行った仲です。

浜松で食べた鰻、おいしかったなあ・・。
fuijsan 007

富士山が曇って見えなかったのは残念やったけど。
fuijsan 008

でも、夜に行った和食のお店。旨かったなあ・・。
fuijsan 015

fuijsan 011

富士山は見えなかったけど、鹿児島で見た桜島は絶景やった!
CIMG1326.jpg

CIMG1320.jpg

あの時食べた、黒豚の味は今も忘れられないです。
CIMG1347.jpg

CIMG1351.jpg

そして。

みんなでお金を出し合って、ロマネ・コンティをチビチビ飲んだこともあります。
CIMG1517.jpg

「記念やから、写真、写真撮らんと!」と、
家族に店までデジカメを持ってきてもらって、写真を撮りました。

romanee-Conti.jpg

何だか飲食の思い出ばかり綴ってしまって申し訳ないですが、
とても美味しいもの好きなお客様なんです。

ビストロサンゴに来ても、メニューなんか見てもくれず、その時
食べたいものを注文する方で、料理に対する評価もシビア。

しかし、ビストロサンゴの応援団長でもあります。

転勤で吹田に来られて出会うお客様、転勤で吹田を出ていくお客様。

レストランを経営していると、出会いも別れも沢山ありますが、
やっぱり離れるのは、少しさびしいですね。

まあ、彼は実家も吹田にありますし、ビストロサンゴも吹田にしか
ありませんから、これからもお付き合いが続くものと
信じております。

寒くなるので、体には気をつけていただきたいですね。

貝割れたっぷりのお好み焼き
これ、何だか分かりますか?

CIMG2078.jpg

お好み焼きなんです。

カイワレをたっぷり使っているのが特徴ですが、ソースも変わっていて、
普通のお好みソースじゃなくて、レモン醤油でいただくんです。

生地は、外がサクっとして中はトロっ。

CIMG2079.jpg

CIMG2080.jpg

どこで食べているかと言うと、錦わらい。
ビストロサンゴから、歩いて数分。
warai.jpg

この仕事をしていると、夕食はもちろん、昼食も遅い時間に
なりがちです。

仕込みが終わって「お腹空いた~、何食べよ!」と思っても、
お店が開いていないことがあります。

ランチタイムが長めな錦わらいさんは、そんなボクにとって
ありがたいお店。

お好み焼き以外の単品メニューが、お昼の時間に食べられるのも
良いですね。

ボクの友人は、「ランチパーティー」と称した「昼の宴会」を
錦わらいさんで楽しんでいるそうです(笑)

ボクは「昼食」なので、京天焼き+焼きそば。

warai_yakisoba.jpg

お好み焼き屋さんに行ったら、ソース味のメニューは欠かせない。

ですよね?

「昼から食べすぎ」とかそういうのは別として・・。





吹田 炭火串焼かじ山
吹田 中通商店街「炭火串焼かじ山」に行ってきました。

ちょくちょく行っていますが、ブログで紹介するのは2度目
でしょうか。

kaji_001.jpg

遅い時間まで営業しているので、ボクとしては助かるし、
何だかくつろげるんですよ。

居心地が良いお店です。

座敷もあるので、グループで行っても落ち着くし。
kaji_259.jpg

さて、まずはアボカドサラダ。
kaji_244.jpg

水菜のシャクシャクと、アボカドのマッタリ感の両方が
味わえて、ボリュームも満点。

そして、せせりとマツタケのホイル焼き。こちらは、黒板に
あったおすすめメニューからの注文です。
kaji_251.jpg

マツタケの香りを、十分に楽しみながらいただきます。

定番メニュー以外にも、その時々のおすすめメニューがあって、
これも結構楽しみなんです。

そして、お造りの盛り合わせ。
kaji_249.jpg

綺麗でしょ?

一緒に行った友人が「食べるのが勿体ない!」と言うので、
「そしたら、俺が食べようか?」と。

後は取り合い・・。

そして串焼き。

ズリと、箸休め感覚で白ネギをいただきます。
kaji_255.jpg

kaji_257.jpg

本当は、ネギマとか牛ロースなど色々食べたのですが、写真の
撮り忘れ。ボクがよくやる失敗です。

いや、仕方ないんです。

食べる事に夢中になっているし、オーナーであるかじ山君との会話も
盛り上がって、写真を撮ってる場合では無かったんですって。

で、それだけ食べておきながら、シメの雑炊。
kaji_258.jpg

ホッとする優しい味です。

楽しい夜でした。かじ山君、ごちそうさまでした!


炭火串焼かじ山
[炭火串焼・居酒屋]
炭火串焼かじ山
JR京都線吹田駅 徒歩3分
〒564-0027 大阪府吹田市朝日町13-28(地図
ぐるなびで 炭火串焼かじ山 の詳細情報を見る
※2012年10月24日現在の情報です
ぐるなびぐるなび



飛騨清見の野菜が届きました
最近、飛騨の野菜についてお知らせしていませんでしたが、
定期的に届いてますよ。

20121023_161850.jpg

寒くなってきたので、大根が入っていたり、旬のシイタケが
ぶくぶく太って美味しそうです!

20121023_161746.jpg

てんこ盛りの野菜を見ると嬉しくなって、「これで何を作ろうか」と
色々考えます。

20121023_162721.jpg

カリフラワー。大きいのがわかっていただけますか。

20121023_163113.jpg

スープにしても美味しいかもしれない・・・。

こう言うことを考えるのは、やっぱり楽しいです!
琵琶湖でバーベキュー
21日の日曜日は、お休みをいただいて申し訳ございません。

琵琶湖の別荘でバーベキュー。我が家の恒例行事です。

別荘と言っても、年に2回ほどしか行けないので、行くたびに
伸び放題の樹を倒したり、廃材を燃やしたり。

biwako1.jpg

ボクの親族はみんな大阪出身。田舎が無いんですね。

琵琶湖の別荘は、亡くなった祖父が、ボクたちに作ってくれた
「故郷」。

いくつになっても、懐かしい思い出の場所です。

今では中年になった孫たちで、しっかり整備。

biwako4.jpg

祖父にとってはひ孫であるボクの姪っ子や、ボクの友人も参加して
掃除です。

biwako2.jpg

掃除が終わったら、バーベキュー。

テーブルの準備をするのは、ボクの甥っ子。

biwako3.jpg

バーベキュー開始です。

掃除の間に炊いておいたお米で、オニギリも作ります。

biwako6.jpg

結構、楽しそうでしょ。

最後のシメは、焼きそば。

ハイハイ、ここは料理人であるオッチャン(ボク)の出番ですね。

biwako5.jpg

楽しい日曜日をありがとうございました!


10月21日(日)お休みをいただきます
10月21日(日)お休みをいただきます。

10月22(月)より、通常通り営業しております。

entrance.jpg


自宅でランニング?
先日のブログで(こちら)、健康的な生活を意識している
事をお伝えしました。

色々と工夫していますが、「こまめに体を動かす」のが難しい。

と言うことで、昨夜は営業終了後に、自宅でトレーニング。

画像は、ボクの実家。
IMG_0524.jpg

ボクが学生の頃、体を動かすことが好きだった両親が、自宅の
1階を改築して、トレーニングクラブを始めたんです。

今でも営業していて、ご近所の方が、体を鍛えにきています。

IMG_0526.jpg

ベンチプレスで90キロ以上挙げる方とか(言っとくけど、ボクの親より
年上の方)、充分スリムなのに歩きに来ている主婦の方とか。

ビストロサンゴの常連さんで、トレーニングに来ているのか、ボクの
お袋と喋りに来ているのか、分からない方もいます(笑)

IMG_0528.jpg

古いですが、一通りの設備はそろっています。

IMG_0532.jpg

IMG_0537.jpg

「自宅がジムだったら、鍛え放題でイイやん!」と思うでしょ・・?

ジムなんて・・お金を払って会員になるから、モチベーションが
持続するんもんです・・。

しかし!そうも言ってられません。

昨夜はシッカリと走り込み、汗をかきました!
IMG_0535.jpg

深夜だと言うのに、テンションが上がってサンドバッグもボカボカッと!
IMG_0530.jpg

継続できるでしょうか?!





またまた旭寿司。
数日前のボクのブログを見た友人が、「旭寿司に行きたい!」。

「喜んで!」と早速行ってきました。

まずは、友人が、お刺身の盛り合わせを注文。
asahi_sashimi.jpg

揚げ物好きのボクは、フライの盛り合わせを注文。
asahi_fry.jpg

寿司や刺身だけじゃなくて、天ぷらやフライなどの一品も充実しています。

そして、旭寿司の嬉しいところは、美味しい日本酒。

大将が好みの地酒を扱っています。

その種類が時々変わっていたりして、色々楽しめるんです。

まずは、スタンダードの立山。
asahi_sake2.jpg

透明感があって、涼しく上品な酒です。ちょっと肌寒い日だったので、
「ビールって感じじゃないし、最初から濃いお酒もな・・」と言う、
ボクの気分にぴったり。

そして、友人が頼んだヌーベル月桂冠。
asahi_sake1.jpg

これ、美味しかった!

フルーティでまろやか。口に含んでから、喉を通るまでの間に、
うま味がふわ~っとひろがっていく感じ。

美味しい日本酒をいただいたら、それに合うアテが欲しくなる。

よって、うなぎを注文。
asahi_unagi.jpg

この辺りから、ボクの緊張感の糸は一切無くなってしまった。

(「最初から無いやろ!」と言う突っ込みは無しで)

その時テレビに、小林旭が登場。

asahi_tv1.jpg

懐メロが大好きな大将。いい顔になっているところをパチリ。
asahi_taisho.jpg

ちなみに、ボクも懐メロ好き。
一緒に口ずさんでいる無防備なボクの後頭部。
asahi_tv2.jpg

調子にのったボクは、「大将、カルパッチョ食べたい!」。

寿司屋でカルパッチョ・・。大将、わがまま言って、すみません・・。
酔って楽しくなってたんです・・。


しかし、動じない大将。「はいよ!」と出てきた旭寿司風カルパッチョ。
asahi_carpaccio.jpg

うまかった~!

やっぱり魚を扱うスペシャリストだな~と、料理人としても、
お客としても満足する、わがままメニューでした。

次はお寿司に移ります。
asahi_nigiri.jpg

イカは、レモンと塩を一緒に提供してくれます。醤油でいただくのとは
味が変わって、ボクの大好きな食べ方でもあります。

赤貝のひもで、キュウリ巻。
asahi_himokyu.jpg

そして鉄火巻。
asahi_tekka.jpg

もちろん、最後のシメは赤出汁。言葉にならない味。
手足のすみずみまで満たされる。
asahi_dashi.jpg

すっかり良い気分で、懐メロを口ずさみながら旭寿司を後にしました。

「バ~スを~、待つ間に~♪」

asahi_noren.jpg

ごちそうさまでした!

旭寿司:

住所:大阪府吹田市朝日町15-5
TEL:06-6382-3480

すくなかぼちゃのスープ
ビストロサンゴのスープ。

スープの種類は、季節や食材の入荷状況に合わせて変わります。

定番のミネストローネだったり、トウモロコシの冷たいスープだったり。

CIMG1855.jpg


corn_soup.jpg



今の季節はかぼちゃ、それも飛騨の、「すくなかぼちゃ」のスープ。

sukuna006.jpg

糖度が高く、かと言ってクドくない優しい甘味のすくなかぼちゃ。

その長所を十分に味わっていただけるように、丁寧に丁寧に
作っています。

しかし、仕込中の写真は、今一つも二つもインパクト弱め・・。

20121015_101740.jpg


違うんです。

作る前は「写真を撮って、ブログで紹介するぞー!」と、スマホを近くに
スタンバイするんですが、いざ作り始めると夢中になって、
写真を撮り忘れるんです!!

料理人の性分だと思って許してください。

すくなかぼちゃって、大阪あたりでは聞かないですよね。

漢字で書くと「宿儺かぼちゃ」。飛騨高山の特産品です。

sukuna017.jpg

飛騨高山では、すくなかぼちゃで作ったプリンが、評判になって
いました。

当然、ボクも食べましたよ!

sukuna056.jpg

かぼちゃの自然な甘みと、普通のプリンとは違うマッタリした食感。

一口食べた瞬間、「ウマっ!」。後は友人と取り合い。

sukuna058.jpg

かぼちゃって、用途の広い野菜ですよね。

スープにスイーツ、天ぷらや煮物。

ビストロサンゴでは、野菜のグリルでも提供しています。

sukuna031.jpg

ちなみに、すくなかぼちゃは、入荷してから調理するまで、
しばらく放置して熟成させます。

甘味が増して味が良くなるのはもちろん、かぼちゃは熟成させた
方がカロテンが増して、栄養価も高くなるんですよ。

ビストロサンゴのすみっこに、かぼちゃがゴロンと転がっていたら
「美味しくなってね~」と声をかけてやってくださいね。


秋。野菜で季節を感じます。
朝夕は、肌寒くなってきましたね。

暑がりで、年中季節感の無いボクは、仕事柄でしょうか、
食材で季節を感じます。

飛騨清見から入荷する野菜も、秋~晩秋の野菜が多くなっています。

20121012_164445.jpg

同じ飛騨でも、飛騨の他のエリアと清見では、気候が違うんですね。

清見の気候は、北海道の富良野と似ているんだそうです。
実際、ボクが通っているチロルカレーの近所には、
大きなラベンダー畑もありますし。

ぼくが愛用している、清見のラベンダー畑で作られている水。

畑のラベンダーと同じ香りがして、部屋にシュッシュッとまくと、
そこは飛騨清見。
ra002.jpg

話がそれてすみません。

つまり、大阪人の感覚で言うと、今の清見は晩秋~初冬。
朝の気温は10度無いんです。

届く野菜も、葉物野菜が多くなってきました。

hamono014.jpg
hamono011.jpg

そして、太ったシイタケ。

写真がボケて分かりにくいですが、肉厚で味も濃厚。
焼き野菜で使うことが多いですね。
shiitake.jpg

季節の食材を積極的に取り入れているビストロサンゴ。

言ってる間に冬が来て、牡蠣のメニューが始まるんだろうな~。

う~っ!今年が後2か月半なんて、考えたくない!考えたくない!
旭寿司 吹田中通商店街
ビストロサンゴと同じ中通商店街にある「旭寿司」。

大将はボクと同い年。

「初めての寿司屋さんって、緊張する・・」。

そんな緊張は不要なのに、何にも手抜きが無いオススメのお店です。

一品も充実しています。

「サンマ!サンマで、色々して!」そんな希望にもこたえてくれます。

まずは、お造り。
asahi005.jpg

お造りが美味しいのは当然ですが、ケン。大根の千切り。
これも美味しい。

大将が自分で千切りにするので、シャクシャク。全部食べてしまいます。

焼き。酒のアテに最高です。
asahi014.jpg

とどめに握りが出てきました!食べるのが勿体ない(食べるけど)。
asahi007.jpg

ここで、更にお腹が空いてしまったので、焼き魚に戻ります。
(普通の人は、戻らないですよね・・。だから痩せない)
asahi001.jpg

煮魚。この日は青魚中心。
asahi016.jpg

この豆腐も美味しくて、タッパに入れて持って帰ろうかと思いました。

普通の人は、ここで止めるでしょうけど、ボクは握りに移ります。

おまかせで色々。

asahi020.jpg

asahi024.jpg

asahi023.jpg

ネタもシャリも美味しいんですが、特筆すべきは醤油。

大将が先代から受け継いだ秘伝の醤油。

大将が醤油を作る時は、家族もスタッフも話しかけないくらい、
集中するそうです。

こう書くと、「怖い寿司職人」のイメージがわくでしょ?

非常にひょうひょうとした、気さくな大将です。

最後に、ボクが必ず注文する赤出汁。

asahi006.jpg

タマゴがふわっふわっなのがわかりますか?

上品なのに、深い味で、何とも言えないタマゴの食感。
体のすみずみまで伝わる満足感。

旭寿司は、2階に大きな座敷もあります。予算と好みを相談すれば、
お客様に合ったメニューを提案してくれますよ。

ボクも打ち上げなんかで、よく使わせてもらいます。

ぜひ、行ってみてくださいね。

住所:大阪府吹田市朝日町15-5
TEL:06-6382-3480


少し肌寒い・・。芋焼酎が恋しくなってきました
以前は、芋焼酎が得意では無かったボク。今ではよく飲みます。

何か、こればっかりですね。日本酒とか野菜とか「昔は
好きじゃなかったのに、今は好き」って。

ボクを芋焼酎好きにしたアイテムがこれ。

千代香(じょか)です。
CIMG2338.jpg

水で割った焼酎を、じょかに入れてとろ火でコトコト。

芋焼酎が苦手な人が感じてしまうカドが取れます。

沸かしたお湯でお湯割りを作ると、香りの花が咲きすぎるでしょ?

じょかで作ると、何とも言えないまろやかな、芋の風味の良い
ところばかり抽出したお湯割りになります。

「周りが飲むから、つきあいで飲んでいるけど、本当は
芋焼酎が苦手」な人に試してほしいですね。

では、ボクがよく飲む焼酎を紹介します。

鶴見。大石酒造(鹿児島県阿久根市)の焼酎です。

CIMG2344.jpg

甘くてまろい風味。上品すぎもせず、芋くさすぎもせず、
飽きのこない深い風味。

半分のサイズもあります。

tsurumi.jpg

毎年鹿児島に行く友人に買ってきてもらいますが、通販でも
購入できますよ。

焼酎は、あまり食べ物とケンカしないお酒ですが、薩摩揚げなんか、
特に相性がいいですね。

CIMG1080.jpg

焼いたきびなごも、相性抜群です。

CIMG1822.jpg

ボクの好きな芋焼酎。他にもご紹介したい焼酎があるので、また
今度、書かせていただきますね。


ダイエット・・でも、やみつき。
10月に入ってから、ダイエットを開始しました。

減量と言うよりは、不摂生と運動不足が続いているので、健康的に
生活してみよう!と言う感じです。

昨日お伝えした「明石日帰りの旅」では、万歩計のスイッチをON。
極力、階段を使って歩くようにしました。

CIMG2328.jpg

体が重くなると、ついつい楽な方を選びがち。意識しないと
いけません。

先日は、営業後に北新地まで用事で行くことになり、自転車で行きました。
片道30分。帰りはお尻が痛かったけど。

CIMG1684.jpg

すっかり店頭のオブジェと化していた自転車。最近は活用していますよ。

CIMG1682.jpg

ボクはムキになる方で、ダイエットを開始すると、「俺食べない!
何もいらない!」と、周りの人を困らせてしまうタイプ・・。

それでは大人気無いな~と、自分なりにルールを作って楽しく
続けていこうと思います。

「毎日体重をはかる」

「空き時間を見つけたら、こまめに体を動かす」

「ドカ食いはしない」

「ごちそうは昼に食べ、夜はあっさりと」

と、言うことで、今日のランチは、吹田のとん東で。

「やみつき」を注文しました。

 015.jpg

「やみつき」は裏の名前で、本当は「洋風春巻き」。

ベシャメルを包んだ春巻きを、とびっこのソースにからめて食べるのですが、
ご主人のお孫さんが、やみつきになってしまい、それ以来、「やみつき」と
呼ばれています(陰で)。

007.jpg

よろしければ皆さんも、とん東で「やみつき」と注文してください。

「何で知ってるの?!」と驚かれると思います。

ぜひ、試してくださいね。
明石焼き 魚の棚商店街にて
明石の魚の棚商店街に行ってきました。

CIMG2307.jpg

明石であがった魚や、練り物、乾物などのお店が並んでいます。

CIMG2310.jpg

魚の棚と書いて、「うおんたな」と呼びます。

商店街で練り物を購入、食べ歩きながら明石焼きのお店へ向かいます。

CIMG2308.jpg

明石焼き。大阪では「明石焼き」と言いますが、明石では「玉子焼き」。

「たこ焼きを出汁につけるだけでしょ?」と思っていましたが、全然違う。

地元で食べて初めてわかる味。そもそも、タコが違うんです。

さっきとれたような、磯の風味がしっかりしている
プルプルのタコ。

akasi_tako.jpg

粉はゆるめで、魚の香りが強い出汁との調和がすばらしい。

これは、ビールがすすみます。

CIMG2319.jpg

1枚で15個。出汁も追加して、すっかりお腹が満たされたので、
明石焼きを焼く様子をパチリと写し、店を後にしました。

CIMG2320.jpg

今日は万歩計アプリのスイッチがON。食後の腹ごなしに、一駅歩くことに。

淡路島行きの船乗り場を通り過ぎて・・
CIMG2311.jpg

明石の時計台を通過。
CIMG2323.jpg

大蔵海岸と、明石海峡大橋が見えてきます。
CIMG2330.jpg

CIMG2325.jpg

大蔵海岸は、整備された綺麗な海岸で、夏には海水浴場になります。

バーベキューコーナーもあるんですよ。写真の右下に見えるテントが
それ。
CIMG2335.jpg

ボクが行った日も、平日なのにバーベキューを楽しんでいる方がいました。

歩き疲れてちょっと休憩。

入ったお店のテレビで、金本の引退試合の中継が始まりました。

kanemoto.jpg



しばらく見ていると、すっかり日が暮れてしまった。

CIMG2337.jpg

万歩計は13,651歩。

楽しい休日を過ごさせていただきました!


10月9日(火)お休みをいただきます
10月9日(火)お休みをいただきます。

10月10(水)より、通常通り営業しております。

entrance.jpg
ランチ・メニューは相談に応じます
ビストロサンゴのランチは完全予約制。

事前にご予約をいただく分、メニューは相談に応じます。

今日のランチは、女性の方3名様。


こちらの女性は、
「魚介が好き。前菜は新鮮なお造りが食べたい」
akko.jpg

と言うことで、まずは、お造りの盛り合わせ。
CIMG2281.jpg

そして、たいらぎ貝。大きいでしょ。
CIMG2282.jpg

大きさ比較のために並べたレッドブル。お客様、飲む気満々!
CIMG2286.jpg

提供時は、こうなります。
tairagi.jpg

満たされたところで、飛騨のトウモロコシで作った冷たいポタージュ。

トウモロコシの甘みがシッカリ味わえます。

corn_soup.jpg

「魚料理も食べたい、野菜もね」と、ご要望をいただく。
CIMG2291.jpg

「野菜がもっと食べたい」と、更にご要望をいただく。
2282.jpg

「肉は出ないの?そろそろお腹いっぱいだから、軽めにね」と、
またまたご要望をいただく。

一口ステーキで提供しました。
hitokuchi.jpg

ここで「こないだ、台湾に行って来たの。おみやげのカラスミで
何か作って」と、こちらのお客様が。
suzu.jpg

カラスミはペペロンチーニで。
karasumi.jpg

「こないだのカレーはもうないの?」と、もう一人のお客様。

こちらのお客様は「写真は痩せてからにして!」と顔出し不可でした。

はい、カレーもお出ししますよ。0.5人前サイズです。
chotto_curry.jpg

ちなみに、写真は全てお客様の撮影です。

あ、美女お二人の撮影は、ボクが担当いたしました。


ビストロサンゴのランチは予約制なので、メニューはご希望・ご予算に
あわせて、出来ることは対応しております。

ご予約の際に、仰ってくださいね。

この後、3名のお嬢様方は「カラオケ行こう~♪」と、十八番の
歌を口ずさみながら、ビストロサンゴを後にされました。

楽しんでいただけて、ボクも満足です。

ありがとうございました!








ビストロサンゴのオムライス
ビストロサンゴのオムライス。

omu1.jpg

定番メニューではありませんが、裏メニューでもありません。

ご飯を用意している日だけ提供するメニューです。

最近のオムライスは、チキンライスの上で半熟のオムレツをフワっと
広げるタイプが多いですが、ビストロサンゴは巻くタイプ。

ちなみに、上にかけるのはケチャップだけ。

omu2.jpg


ライスを、デミグラスソースとケチャップで味付けするからです。
ケチャップだけで作るより、味がモッチリします。

omu3.jpg

「オムライスってイタリアン?」

いえ、オムライスは洋食です。

ボクが修業した店もイタリアンでしたが、お客様から「グラタン!」
「カツレツ!」とご要望があれば、出来る限り対応している店だったので、
今でも作ります。

gratin.jpg

ボク自身、洋食が大好きです。

オムライスなどの「ご飯メニュー」は、ご飯を炊いた日だけ提供して
います。

ご予約の際に、お申し付けいただければ、ご飯を炊いてお待ちしています!






ぶどうと塩大福
お客様から、岡山のおみやげをいただきました。

紺色がピオーネ、マスカット色が「桃太郎ぶどう」
budo1 (2)

桃太郎ぶどうは、初めて食べました。

写真ではわかりづらいですが、梅の実ほどの大きさで、形も桃のようです。
budo1 (3)

桃太郎ぶどうのスゴイところは「皮ごと食べる」。

「皮も食べられる」ではなく、「皮ごと食べる」ものだそうです。

実が本当に甘いので、皮の酸味と調和して、美味しさが増すんですね。

皮を出さないで良いから、食べる時の億劫さも無い!


そして、ちまたで有名な「やわらか塩味生大福」。
shiomi1.jpg

龍野西サービスエリアでしか買えないとかで、以前話題になっているのを、
テレビで見たんです。

小豆のつぶあんに、生クリームが入っていて、赤穂の塩で甘味を
引き立たせています。
shiomi4.jpg

最近、美味しいおみやげをいただく事が多いです。

食欲の秋ですもんね。

ボクのダイエットは・・。
ブログに出演希望のスポーツマン
お客様の写真は、あまりブログには載せないようにしています。

しかし、今日のお客様は「ビストロサンゴのブログに出演希望」。

mikuchi.jpg

元々高槻に住んでいたので、以前はよく通ってくださっていた
お客様でしたが、転勤で京都に移られたので、今日は
久しぶりのご来店。

今日は、ビストロサンゴに来るために、朝から仕事を調整して
来られたとのこと、嬉しい限りです。

「絶対に食べたい」と仰っていたチキンのグラタン。
お客様の撮影分。
mikuchi_gratin.jpg

ボクの撮影したグラタン。
gratin.jpg

グラタンは人気メニューで、通年ご用意しております。

今日のお客様は、なかなか素敵なスポーツマン。

夏はサーファー、冬は超スペシャルなスーパースキーヤーです。

彼女募集中だそうですよ!

この後、「これも食べたかった!」と、ちりめん山椒のペペロンチーニを
ご注文。

早速FacebookにUPしていました。
mikuchi_camera.jpg

ちょっと、そそっかしいのが、たまに傷で、先輩に同行した時の
失敗談をこぼされていました。

何でも、先輩の車で移動中、立ち寄ったガソリンスタンドで、先輩から
「吸い殻を捨ててきて」と言われたのに、間違って灰皿を捨ててしまった
そうです・・。

後輩なんて、ちょっと、そそっかしいくらいが、可愛いもんですよね。

ブログに出演希望のお客様、いつでもお申し付けくださいませ!
大歓迎ですよ!


醤油
お客様から、和歌山県湯浅の醤油をいただきました。

角長の醤油、ご存知ですか?
CIMG2275.jpg

天保十二年創業の老舗が創る、手づくりの醤油だそうです。

フタを開けたらビックリ。

「これは味噌か?」と思うほど、濃厚で懐かしい香り。

身近に売っている醤油とは、まったく別物でした。

仕込み蔵に宿っている酵母が、醤油の味に影響するので、
蔵の建て直しはしない!そんなこだわりの蔵が提供する味です。

最近、醤油とか味噌にこっていて、飛騨でもそうですが、
旅のお土産に、醤油を買ったり、いただくことも多いんです。

これは、ボクが、いつも飛騨で買ってくる醤油。
CIMG2279.jpg

大のや醸造のたまり醤油。

飛騨高山、古い町並みの中に店があり、醤油や味噌の試食も
させてもらえます。

machinami1.jpg

冷奴とか、お刺身とか、色々使ってますね。

ボクの友だちは、味噌汁の隠し味にも使うそうです。


次に紹介するのが、鹿児島県阿久根市の醤油。

カネトクの甘露。
CIMG2277.jpg

かなり濃厚で、イカとか甘えび、ホタテの刺身なんかに、よく
合います。

加熱しても味が壊れないのがいい。

照り焼きなんかは、この醤油につけこむだけでOK。

めんつゆを作る時に、少し加えても良いですよ。



ビストロサンゴの料理にも、醤油を使うことはあります。

「イタリアンに醤油?」と思うでしょ。

でも、日本人はやっぱり醤油が好き。

隠し味や、料理の仕上げに少~し、とか。

ご自宅で洋食を作る時にも、試してくださいね!